ピアノ

2020年に最も注目すべき若手ピアニスト

~「ピアニスト」誌(フランス)

アレクサンダー ·ガジェヴ 

Alexander Gadjiev

“ガジェヴは、音楽を「物語る」天性によって聴き手を陶酔させる、稀有な才能の持ち主である。 振り返れば、バッハ/ブゾーニ編曲の《シャコンヌ》に挑んだ彼の演奏は、今回のコンクールが達した極致の一つであり、私自身、心から魅了された。

ガジェヴは、真のエレガンスと情熱を兼ねそなえている。”

— Sergey Babayan , 2015年浜松国際ピアノコンクールにて

1994年イタリア·ゴリツィア市に生まれる。ピアノ教師であった音楽家の両親、そしてゴリツィアという中央ヨーロッパ文化の中で育ったことがガジェヴの独特の音楽語法に決定的な影響を与えた。

著名なロシア人音楽教師の父の下で研鑽を積み、9歳でオーケストラと協演、10歳で初リサイタルを行う。

2013年イタリアの国際コンクール、プレミオ·ヴェネツィアで優勝。

2013年よりザルツブルク·モーツァルテウム大学修士課程にてP.ギリロフに師事。そして2015年にはM.アルゲリッチ、海老彰子、S.ババヤン等が審査員に名を連ねた第9回浜松国際ピアノコンクールにて弱冠20歳で優勝、および聴衆賞を受賞した。2018年にはモナコで3年に一度国際コンクール優勝者が集い開催されるモンテカルロ·ピアノ·マスターズ2018で優勝。2019年にはBBCラジオ3のヤング·ジェネレーション·アーティストに選ばれ、2021年までにイギリスの音楽祭や、ウィグモア·ホールでの室内楽などさまざまなコンサートに出演し、すべてのコンサートはBBCラジオ3にて放送される。

オーケストラとはこれまでにスロベニア響、フェニーチェ歌劇場管、パドヴァ·ヴェネト管、プラハ響、エルサレム響、日本国内の主要なオーケストラと共演、指揮者はユーリ·テミルカーノフ、エン·シャオ、井上道義、高関健、下野竜也、山田和樹等と共演している。またヴェルビエ音楽祭、ボローニャ音楽祭などの国際音楽祭にも招かれている。

CDはAcousenceレーベルより2017年に「リテラリー·ファンタジー」と題するシューマンとリストの作品集がリリースされ高い評価を得ている。

現在はベルリンのハンス·アイスラー音楽大学にて研鑽を積んでいる。

  • Facebook

合同会社 ノヴェレッテ   Novellette Artists Management

設立:2019年11月

代表:板垣千佳子

業務内容:

*クラシックの音楽家のマネジメント

*コンサートの企画制作

*海外アーティストの招聘

*ツアー・アテンド(英語・フランス語)

© 2019 Novellette Artists All Rights Reserved.