ピアノ

2021年シドニー国際ピアノ・コンクール​優勝!

アレクサンダー ·ガジェヴ 

Alexander Gadjiev

“ガジェヴは、音楽を「物語る」天性によって聴き手を陶酔させる、稀有な才能の持ち主である。 振り返れば、バッハ/ブゾーニ編曲の《シャコンヌ》に挑んだ彼の演奏は、今回のコンクールが達した極致の一つであり、私自身、心から魅了された。

ガジェヴは、真のエレガンスと情熱を兼ねそなえている。”

— Sergey Babayan , 2015年浜松国際ピアノコンクールにて

アレクサンダー・ガジェヴはいまヨーロッパで最も注目されている若手ピアニストの一人である。

2015年第9回浜松国際ピアノコンクールにて弱冠20歳で優勝、および聴衆賞を受賞。2018年にはモナコで3年に一度国際コンクール優勝者が集い開催されるモンテカルロ·ピアノ·マスターズ2018で優勝。2019年にはBBCラジオ3のニュー・ジェネレーション・アーティストに選ばれ、2021年までにイギリスの音楽祭や、ウィグモア·ホールでのリサイタルなどさまざまなコンサートに出演し、すべてのコンサートはBBCラジオ3にて放送される。2021年7月にはオンラインで開催されたシドニー国際ピアノ・コンクールで優勝を飾った。

1994年イタリア·ゴリツィア市に生まれ、ロシア人音楽教師の父の下で研鑽を積み、9歳でオーケストラと協演、10歳で初リサイタルを行う。 2013年イタリアの国際コンクール、プレミオ·ヴェネツィアで優勝。2013年よりザルツブルク·モーツァルテウム大学修士課程にてP.ギリロフに師事。その後、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学にて研鑽を積んだ。

オーケストラとはこれまでにスロヴェニア響、フェニーチェ歌劇場管、パドヴァ·ヴェネト管、プラハ響、エルサレム響、日本国内の主要なオーケストラと共演、指揮者はユーリ·テミルカーノフ、エン·シャオ、井上道義、高関健、下野竜也、山田和樹等と共演している。またヴェルビエ音楽祭、ボローニャ音楽祭などの国際音楽祭にも招かれている。

2021年シーズンにはサカリ・オラモ指揮BBC響、ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管などとの共演を予定している。

CDはAcousenceレーベルより2017年に「リテラリー·ファンタジー」と題するシューマンとリストの作品集、デッカレーベルより2021年にシドニー国際コンクールのライブCDがリリースされ高い評価を得ている。

  • Facebook

Media

​Discography

​※外部リンクへ移動します